趣味

2017年9月22日 (金)

天ノ川。まだ十両ですか。ぼくは貴ノ花が大好きなんですよ。

9月12日は天ノ川きららちゃんの誕生日。

その日にこのセリフ「天ノ川。まだ十両ですか。ぼくは貴ノ花が大好きなんですよ。」を言いたいがために描いたのがpixivとツイッターに投稿した鉛筆画。大したものじゃないからブログに投稿しなかったけど。

12日に鉛筆で描き、それを完成形にするためその翌日からせっせと作成作業を始め、今日完成した。元絵はじゆうちょうの裏表紙。

Kiraraamanogawa

今回はできるだけ時間をかけずに描くことをテーマにして、3連休最後の18日には背景を仕上げて投稿するつもりでいたんだけど、背景を作るのに時間がかかっちまったwこの花模様もフォトショで作った。
今までは1枚仕上げるのに2週間ぐらい。今回のは背景抜きだと鉛筆画を描いた時から数えて6日。12日から数えて今日で10日か。まあ3連休でかなり進んだけど。

あ、そうだ。「天ノ川。まだ十両ですか。ぼくは貴ノ花が大好きなんですよ。」このセリフは同じ東映つながりの「トラック野郎 度胸一番星」での桃次郎兄貴のセリフ。天ノ川きららちゃんを描く時にはこれをタイトルにしようと前から考えていた。

2017年8月27日 (日)

WWⅡ趣味で得た知識のこと

高須克弥医師の一連のツイートがとうとうサイモン・ウィーゼンタール・センター案件になって数日経ったけど、まあ当然だわな。しかし何より驚いたのは、彼のナチス礼賛発言を擁護する者が一定数いたこと。しかもオタが。これには呆れ果てた。オタこそが彼を諫めないと。
なぜかって?オタこそがその方面の知識が豊富だから。それを生かさないと。

WWⅡドイツ軍機キットの箱絵で鉤十字が省略されているのはなぜか?

「セーラームーン スーパーズ」のタイトルが「SS」から「SuperS 」に変更されたのはなぜか?

これらを考えれば、高須発言が世界でどう受け取られるか理解できるはず。
が、理解できない者が多かった。そう言わざるを得ない。

自分もWWⅡドイツ軍物に興味があるし、小林源文作品も一通り読んだし、グラフィックアクションも何冊か手元にあるし、そこで得た知識があるからこそ保守論壇とナチスの共通点が分かる。

このブログでもそれらの書籍から何度も引用してきた。自分でも覚えてないくらいに。
それこそが趣味を通じて学ぶということのはずだが、逆のことやってる奴らが多すぎるんだよな・・・。

2017年8月26日 (土)

今の時代こそ「魔法のマコちゃん」

昨日新作をpixivに投稿した。

中学校でのポニーテール禁止が話題になって(ホントかどうかはしらん)、「ポニテ」→「夏」→「海」と連想し、海が似合うキャラで真っ先に思いついたのが魔法のマコちゃんなので描いてみた。


Makourashima20170825pixiv

もしかしたら今ほど「魔法のマコちゃん」のリメイクが相応しい時代ってないんじゃないか。
一部おっさんヲタの間で、メグちゃんをリメイクしたら深夜帯だろうなと話題になることがあるけど、マコちゃんは放送すらできないだろうな。人種差別、戸籍謄本、基地問題とその界隈を賑わせること必至の回があるからw

女児向けアニメに社会性を盛り込んだ、当時としては画期的な作品だということも知らないオタが出てきたなら、それだけ昭和は遠くなったということなんだろうな。

2017年2月 5日 (日)

週末に同人誌を買ってきたんだが。

今日は休日。昨日も休日で久しぶりの土曜日休み。体が疲れ切っていて昼寝した後は体が動かなかった。

さて、忙しかった分稼ぎもそれなりにあったので、金曜の帰宅時に久しぶりにとらのあなに寄って同人誌を買ってきた。ええ、もちろんエロ同人ですよ。

今までもエロ同人を買ってきたけれども、今回の買い方はいつもと違う。これまではただ表紙を見てなんとなく気に入ったものを手にしていたけど、今回は最初からpixivでフォローしている絵師さんの作品を目当てに行った。

自分も模写ばかりではあっても何枚もpixivに投稿して、彼らの作品を見てあのように描きたいと思っているので、金を払って上級者の作品を手にしたかった。

今年の目標は「影と服のシワを自在に描けるようになる」が目標なのでこれらは正に「参考書」だ。

2017年1月29日 (日)

まとめサイトで見た、ためになる話

休日。今日はずっとイラスト練習。ここ最近もイラスト練習をやっていた。

なのでこの記事を。前々回で「オレ的ゲーム速報@JIN」の井筒和幸ネタを記事にしたけど、その時に見つけて近いうちにテーマに書こうと思った記事。
同じく「オレ的ゲーム速報@JIN」から。

プロゲーマー・ウメハラ氏、講演内容がタメになるってレベルじゃねぇ! 「ゲームに飽きたの本当の理由は○○!」

同記事から引用。


・梅原大吾さんの講演より

初心者のプレイヤーとかを見てて
「あー今ゲームにハマってるな、楽しそうにやってるな、どんどん上達してるな」と

で、しばらくゲームセンターでみなくてどうしたの?と聞くと「飽きた」って言うんですよ

何に飽きたんだろうな?と思うと「ゲームに飽きた」って言うんですがこれは違うんですよ

ゲームに飽きたんじゃない成長しない事に飽きたんですよ。

昨日と今日やってること一緒、だからゲームがつまんないって事にしてるんだけど
問題なのは成長してない自分の方

成長が実感できればゲームだろうが何だろうが飽きるってことはない

何か仕事の都合とか家庭の事情でやれなくなるってことはあるとしても
飽きましたって事にはならないと思う

だから、人間が前向きに努力を続ける上では成長があればいいんですよ
成長することさえ実感できれば人間っていうのは飽きない
飽きないから前向きに努力をする

当然、上達していって成果はでると
僕はこれの繰り返しなんですね、格闘ゲームに関しては


正に目から鱗が落ちるとはこのこと。

自分もすでにpixivに10枚以上イラストを投稿して、下手ながらも少しづつ上達しているという実感はある。1枚投稿してその時は最高傑作と思うけど、後からああすればよかったこうすればよかったと思い、次描くときはそれよりも良いものを描こうと望む。手を抜いたら見る側に伝わる。自分も今以上に上手く描きたいと思うから時間を割いて練習する。

おかげさまで2作続けてブックマーク2ケタです。

2017年1月 9日 (月)

藤原綾の誕生日に〝胸いっぱいの愛を〟

「来るべき1月9日に向けて」と何度も書いてきた通り、本日イラストが完成したのでpixivに投稿。ブログ記事も更新します。

完成品。

Ayafujiwara20170109

1月9日は藤原綾の誕生日。スーパーリアル麻雀を知らない人にはなんのこっちゃだけど。

そしてこの日はジミー・ペイジ御大の誕生日でもある。なのでこの〝胸いっぱいの愛を〟というタイトルを拝借した。

ブログを始めたばかりの2013年1月6日 (日)に「誕生日ラッシュ!」という記事で同じことを書いたけど、あれから4年。なんとかここまでイラストを作成できるまでになった。

2016年12月 8日 (木)

イラスト作成1年間の成果

2週間ぶりの投稿。その間はイラスト作成。前回「来るべき12月5日に向けて」と書いたけど、ちゃんとその日にpixivに投稿できた。その日が誕生日の彼女。

Jupiter21
今年の元日にもセーラージュピターを投稿したが、これはそのリメイク。もちろん摸写で元絵は手持ちのカード。
前回はフォトショ塗りってこんなもんだろと思って進めていたけど、途中でなんかおかしいと思い、かと言って正しいやり方も知らなかったのでムリヤリ投稿。

途中でなんかおかしいと思ったのは、pixivで作成ソフト表記にPhotoshopと明記された上級者の作品を見て「いくら天と地以上の力量差があっても同じソフトを使って近いものにすらならないというのは変じゃね?」と思って。ここで疑問に感じたのがよかったんだな。

それから、ああでもないこうでもないと試行錯誤を続けて今のやり方にたどり着いたと。その1年間の成果が出ていれば。

そうそう。昨日は何もせずダラダラしていた。作品を投稿した後は無気力症候群のようになる。

2016年11月14日 (月)

東條希描いた。

今月になって初めて投稿。米大統領選とか話題は豊富でネタには困らなかったんだが、イラスト制作時にはそっちに集中する。こんなブログの更新を楽しみにしている人がどれだけいるのかは知らんけどw

記事の更新を犠牲にして描き上げた一枚。もちろんpixivにも投稿した。

Nozomi1
「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」のものを元にした。
そしたら、pixiv内にも同じものを元にした作品が投稿されていて、そっちの方が評価が高かったwwwww摸写だとそういうこともあるさ。

影の表現は悩んだ。いつものことだけど。色々な作品を見てみたけど正解がないんだよな。

2016年7月 9日 (土)

売れないバンドマンのイベントは行きたくない

休日。ダラダラとpixivを見ていたらこんなマンガが投稿されていたのですぐにブックマークした。作品そのものを載せることはできないのでタイトルだけ。

「【マンガ】売れないバンドマンのライブは行きたくない」

内容はと言えば、バンドをやってる友人のライブに誘われ会場に足を運んだ・・・のはいいんだけど、その後誘われた打ち上げは完全に仲間内の集会で主人公はほぼ無視され。次のライブも誘われたが行く気が失せて・・・という内容。

俺もこれに近い経験をしたことがある。なのでこの作品をテーマにしたかった。

5年くらい前だったか。地元札幌のベテランメタルバンドのイベントに参加した。そのバンドは売れているわけではないが国内メタルシーンではけっこう知られた存在。
そのバンドが新作を発表して、札幌のロックバー(以前の記事「札幌のロック・バーでの記憶」で書いた店とは別)でファンミーティングをやることになって俺も仕事を終えて急いで帰宅し、準備して速攻で出かけた。

店内に入ると、すでにトークショーが始まっていた。その後メンバーが各席を回って・・・という進行なのだが、その「メンバーが各席を回って」は完全に内輪の集会。お仲間、顔見知りとおぼしき集団と群れてただけ。そんな所にいてもしょうがないから途中で帰った。

しかもそれだけじゃない。その数ヶ月後にそのバンドのシンガーが企画したイベントに行った時のこと。同じ店。
俺の隣に座っていた集団の1人が演者のお仲間だったんだろう。そいつがその1人と俺の間に堂々と割り込んできた。

それで決定した。もうそのバンドは応援しない。
いや、応援はする。ただ時間と金を使いたくないだけ。

こういう経験をしたのでそのマンガを見て「ああ、やっぱりな」と思った。
売れないバンドは売れないなりの理由があるんだよ。その確実な理由の一つが、人を大事にしないこと。お仲間は大事にするけどファンは大事にしない。そしてこういう類の連中に限ってアイドルとかポップス系をスケープゴートにする。

実を言うと、そのバンドの新作をいとこに送ろうと考えていた。
いとこが音楽業界と関わりのある仕事をしていて大物に会う機会もあるので、彼らに手渡してもらおうかと考えていたけどやめたwwwwwwwwww
バンド名を聞けば誰もが驚く伝説のバンドの元メンバーと記念撮影をしたこともある。その人に奴らの作品が渡っていたなら今頃どうなってたかな~とはちょっと思うwwwwwwwwww

売れないバンドはこうやって自らチャンスを潰していく。どこにどんなチャンスが転がっているかなんて考えようともしない。
その後そいつらの当時の所属事務所の社長が借金残して夜逃げしたと知った時は心の底からザマーミロと思ったwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2016年5月27日 (金)

イラスト制作時の反省点でも書くか。

前回、5月24日に合わせて投稿した作品を載せたが、その前にももう一枚仕上げた。
それも載せよう。

Kiyomi1
塗りの練習に最適と思って描き上げた。元絵は手持ちの20年以上前のエロマンガから。
これもpixivに投稿したが評価はそうでもない。そりゃそうだ。20年以上前のエロマンガなんて知ってる人は限られるし。

今月中に2枚仕上げて反省点も見つかった。
以下は超が付く素人向けなので、中級以上の人はスルーしてください。
ちなみにソフトはPhotoshop。

・ 下絵は手を抜かないでていねいに描く。いくらでも修正はできるけど余計な修正をするくらいなら下絵を入念にチェックした方が早い。

・ なんといってもコレ。レイヤー選択を間違えない。パーツごとに振り分けているレイヤーを、そのパーツの作業前に選択されているか確認する。めんどくさいけどレイヤー選択を間違えたらそれ以上の時間がかかる。このレイヤー選択のミスがなければもう一日は早かったんじゃないかと悔やまれる。

ホント、俺みたいになるな、だな。

より以前の記事一覧

フィギュア

アニメ

音楽

映画

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ