芸能・アイドル

2016年1月23日 (土)

今だからこそ!「必殺」ナレーション

俳優の中村梅之助さんが18日、85歳で亡くなられました。

個人的な思い出で言えば、やっぱり「遠山の金さん」だよな。小学1年や2年ぐらいの頃はよく再放送をやっていたので見ていた記憶がある。

そして大好きなのが「必殺」シリーズのオープニングナレーション。中学生の頃、「必殺仕事人Ⅳ」を再放送していたので、面白くて何度も暗唱して覚えたわ。
高校生になって、ついにサントラCDも買ってしまった。

ここで紹介するのは、特に好きな「必殺仕事人Ⅲ」と「必殺仕事人Ⅳ」のオープニングナレーション。語りはもちろん中村梅之助さん。


必殺仕事人Ⅲ

世の中の善と悪とをくらぶれば
恥ずかしながら 悪が勝つ
神も仏もねえものか
浜の真砂は尽きるとも
尽きぬ恨みの数々を
はらす仕事の裏稼業
お釈迦さまでも
気がつくめえ


必殺仕事人Ⅳ

近頃 世間に流行るもの
押し込み強盗 高利貸
賄賂をもらう えれえ人
金 金 金の世の中で
泣くのは弱いものばかり
涙を拭いて おいでなさい
恨みをはらす 仕事人
陰膳すえて 待っておりやす


今でも十分通用する内容だ。むしろ今だからこそ重みを持つ名文だ。

中学高校の頃は、時代劇の悪党殺しが楽しみだったわ。

2016年1月 7日 (木)

ベッキー不倫報道に思うこと~平和日本は今日も通常運転

職場で休憩時間中ワイドショーを見ていたけど、ベッキーの不倫騒動がメインだったような気がする。休憩時間中に見ていた分しか知らんけど。

こういう時に出てきそうな知識人のセリフ。
「サウジとイランが断行し、北朝鮮が水爆実験したというのに、日本では芸能人の不倫騒動。平和ボケだ。」とかそんな感じ。

そうですね。この手の平和ボケは今に始まったことじゃないですもんねwww
今からちょうど60年前からですもんね。

今からちょうど60年前、ハンガリー動乱が起こり、第2次中東戦争が勃発。
イスラエル元首相のアリエル・シャロンはその第2次中東戦争でコマンド部隊の隊長をやっていた。この人は超が付く極右だけどガチのソルジャー。

その頃石原慎太郎は何をしていたんですか?
ポコチンで障子を破っていたんでしょうがwwwwwwwwww
こんな奴が平和の毒とかわめいているんだから平和国家日本は今日も通常運転。

中東で戦争が起こっていた時にポコチンで障子を破っていた奴が愛国者としてもてはやされているんだから、サウジとイランが一触即発の危機を迎えている時にベッキーの不倫騒動で騒いでいても悪いことじゃないよねぇwwwwwwwwww


Shintaroelvis

Shintarosealds

2014年11月27日 (木)

ジョニー大倉さんの思い出

ジョニー大倉さんが19日に死去したとのニュースが伝えられた。

多くの人々にとって大倉さんは、矢沢永吉さんと共に活動したキャロルの印象が強いと思うけど、ここでは彼を初めて知った時のことを語りたい。

自分にとってのジョニー大倉は、NHKの時代劇「武蔵坊弁慶」なんだよな。

それが放送されたのが小学6年生の頃。学習伝記漫画にハマッていた。フツーのマンガよりもそっちを多く読んでいたかも知れない。ちなみに学研派。

なのでこの「武蔵坊弁慶」はドンピシャだった。毎週見ていたと思う。
そのドラマに伊勢三郎役で出演していたのがジョニー大倉さん。子供心に印象に残った名前だった。だってカッコいいじゃんwww

ここでジョニー大倉という人物を初めて知った。キャロルだと知ったのは何年も後のこと。

もっとも、この当時は矢沢永吉さんのことは名前しか知らなかったけど。


そういや、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」が発表されたのは小学1年生の頃。意味も分からず「Aちゃんになりすます~♪」と歌ってた。
そんな時に姉貴と

姉「アンタ、Aちゃんって誰のことか知ってるの?」
俺「え?知らない」
姉「矢沢永吉だよ」
俺「は?誰それ」

なんてやりとりをしたのはいい思い出。

まあ「武蔵坊弁慶」の時だって役者のことなんて何も知らないで見ていたからな。
「武蔵坊弁慶/中村吉右衛門」誰?「木曽義仲/佐藤浩市」誰?「平清盛/芦田伸介」誰?
なんて感じで見てたけどwwwww

さすがに菅原文太と寺尾聰は知ってたけど。

あ、カトちゃんも出てたんだよ。

2014年1月19日 (日)

アメリカの日本人愚民化計画がなんちゃら言う石原慎太郎信者へ

ここ最近シリーズ化している「別冊太陽 エルヴィス・プレスリー 」(平凡社)ですが、まだあるよ。タイトル通り前都知事、いや、元都知事信者に見てほしいものがあるんスよ。

「別冊太陽 エルヴィス・プレスリー 」(平凡社)から引用。

Img002_2 
右はもちろんエルヴィス・プレスリーだけど、左は誰でしょう?わかるよね?

「アメリカの日本人愚民化計画」がナンタラカンタラ言う人たちはこれを見てどう思うのかな?何とか言ってみろや!元都知事なんて「裕次郎の兄」を売りにしなければ単なるイカレた極右でしかないんだからな。その証拠に選挙でも弟の子分を使っていたんだろうが。
だからその極右元都知事の信者はこれを見てどう思うのか聞きたいな♪アメリカの大衆文化は日本人を骨抜きにするために送り込まれたんでしょぉ~。

「彼」を悟空だとするなら元都知事はラディッツ。
戦闘力5の相手には居丈高に振る舞うが、戦闘力53万の相手には何も言わない。

「彼」をケンシロウとするなら元都知事はジャギ。
弟の名前を使って非道の限りを尽くす。非道でしょうが。同性愛者差別などナチスと同じことを言ってるんだから。「天罰」発言もね。「天罰」発言は被災者のことを言ったんじゃないと言うスカトロもいるけど、それならなぜ伊豆大島の台風被害の時にも言わなかったんだ?
だから非道だと言ったんだよ!それとも兄に成りすましたアミバなのか?

まあこんなこと言っても通じないか。石原慎太郎と愉快な仲間たち、およびその信者は自衛隊生徒から航空自衛隊に入隊した武論尊先生をも口汚く罵るんだからな。

これでもくらえ!
Photo_4_3 Photo_3















左は例によって『文藝春秋』2005年5月号。所詮右の御仁にしかなれない者を讃えてきたのが保守論壇誌です!
そういえば何かで読んだ記憶があるけど、元都知事が弟のような性格だったらとっくに総理になってたってね。内心じゃ「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねえ!!」って思ってたりして。

2014年1月 3日 (金)

宝塚歌劇団創立100周年をも口汚く罵る潮匡人元3等空佐

元日の午前中に何気なくNHKを見てたら、宝塚歌劇団創立100周年記念新春鏡開きの様子を中継してた。そうか。100周年か。
根がオタクなもんで戦前、戦中の事には興味があるんで、戦時中の宝塚についても多少興味がある。それはこのブログで書いてきた。

それで、去年の暮れにこういうものを買った。「去年の暮れ」っつっても半月前だけどw


学習漫画 世界の伝記NEXT
小林一三 (集英社)Img002
これを読んで知ったんだけど、今日1月3日は小林一三翁の誕生日。この日は絶対に書かないといけないと思ってた。

ちょうど同じ頃に保守論壇誌『正論』の別冊、「別冊『正論』 NHKよ、そんなに日本が憎いのか」も出てたんで一緒に買った。
僕が保守主義者、保守論壇に対してどういう思いを抱いているかは過去記事を読んでもらえれば分かります。じゃあ何で買ったのか?宝塚関係者、ファンの人たちにも保守主義者がどういう類の人種か知ってほしかったからですよ!!特に、タイトルにも書いた潮匡人元3等空佐をね。

その中で元3等空佐はこう書いてます。


 戦前の日本軍に至っては露骨な敵意を示す。朝の連続テレビ小説も例外ではない。たとえば、人気女優の井上真央さんが主演した「おひさま」(平成二十三年前期)がそうだ。舞台は「激動の昭和」で「軍事色に染まった教育や、貧困・空腹・親の死などに耐える子どもたちを目の前に戸惑いながら」云々の内容であり、これが連続テレビ放送開始五十周年の記念作品だった。こうした番組には、反日的な暗黒史観を無意識のように刷り込んでいく凄まじいインパクトがある。


だそうですよ。
これが、僕が奴に粘着する理由の一つです。朝の連続テレビ小説が暗黒史観を刷り込んでいると言うなら、紺野美沙子さんが主演を務めた「虹を織る」は戦前、戦中の宝塚を舞台にしているわけだから、奴の理屈で言えば反日的と言うことになるはずですが、それだとフジテレビ系で放送した藤原紀香さん主演の「愛と青春の宝塚」も反日的と批判しなければならない。ところが『正論』はフジテレビと同じフジサンケイグループだからそれはできない。卑怯で臆病な小物。
今の時代の子供も、宝塚に興味を持ってその歴史を調べていけば、当然昭和19年の宝塚閉鎖も知ることになるけど、それは暗黒史観を刷り込んだことになると言っているのが潮匡人元3等空佐とそのお仲間です。それはこの時代を生きたレジェンドたちをも侮辱していることになるし、宝塚歌劇団の歴史をも否定したことになる。そうでしょう!

次の画像は先ほどの「学習漫画 世界の伝記NEXT」からですが、この画像をよ~~~く見た後でその次の一文を読んでください。
Photo_5

『日本を嵌める人々』(渡部昇一 潮匡人 八木秀次 PHP研究所)から。
潮匡人元3等空佐のお言葉。


 罪深いというか悪影響が大きいと私が思うのは、朝の連続テレビ小説などで、戦前の軍人を悪く描いたり、戦前を「軍国主義」ふうに描いたりしていることです。そういうのがいちばん困る。視聴者は無意識に、そうした歴史観を刷り込まれていくわけです。
 たとえば、人気女優の井上真央さんが主演した『おひさま』(平成二十三年前期)がそうでした。舞台は「激動の昭和」で「軍事色に染まった教育や、貧困・空腹・親の死などに耐える子どもたちを目の前に、戸惑いながらも、陽子は明るく気丈に教鞭をとる」云々の内容で、これが「連続テレビ小説」放送開始五十周年の記念作品でした。こうした番組にこそ、暗黒史観を無意識のように刷り込んでいく凄まじい効果があります。


元3等空佐は戦時中〝最後の〟舞台「翼の決戦」で主役を務めた春日野八千代さんや、同じく「愛と青春の宝塚」の世界を実際に経験し、朝の連続テレビ小説「おしん」で3人の主役の1人を務めた乙羽信子さんにも同じことを言うんだな。
こういう狂信的軍国主義者が「国を想う心」の大義名分の下平気でのさばっている。宝塚関係者、宝塚ファンはそのことをよく知っておく必要があります。

タカラジェンヌをも口汚く罵る潮匡人元3等空佐 も合わせてどうぞ。
今回のはこの記事の焼き直しなんですけどね。まあいいや。プロの評論家の元3等空佐も違う本で同じこと書いてるしwww

2013年10月21日 (月)

タカラジェンヌをも口汚く罵る潮匡人元3等空佐

少し古い話題ですが、藤原紀香さんが秘密保護法案に否定的なコメントをして公安に背後関係を調べられた、なんてニュースがありましたが、ソースが東スポWebなのでホントかどうか分かりません。けど今回のテーマはコレじゃありません。前回のぱ~と2みたいな内容です。

藤原紀香さんの代表作と言えば、「愛と青春の宝塚」。

ウィキで調べれば早いんですが、戦前、戦中の宝塚を舞台にしたドラマ。この時代の宝塚ってよくドラマの題材になりますよね。紺野美沙子さんが主演を務めた朝の連続テレビ小説「虹を織る」とか。再放送で何回か見ました。

ところが、これを題材にドラマを制作すると「自虐史観ダ~」「暗黒史観ダ~」とかわめく連中がいるんですよ。このブログで何度も取り上げてきた保守主義者という生命体です。
コレのことです。前回も使ったし説明も同じだけどいいだろ。
PhotoPhoto_5Photo_6































右、上段 朝日新聞(東京) 1944年3月1日(水)
右、下段 毎日新聞(東京) 1944年3月1日(水)

左はたまたま本屋で見つけた『日本を嵌める人々』(渡部昇一 潮匡人 八木秀次 PHP研究所)からですが、も~のすごいことが書いてますね。「NHK朝の連続テレビ小説が描く『軍国主義』」って。
この中で潮匡人元少佐はこんなコトを言ってます。


 罪深いというか悪影響が大きいと私が思うのは、朝の連続テレビ小説などで、戦前の軍人を悪く描いたり、戦前を「軍国主義」ふうに描いたりしていることです。そういうのがいちばん困る。視聴者は無意識に、そうした歴史観を刷り込まれていくわけです。
 たとえば、人気女優の井上真央さんが主演した『おひさま』(平成二十三年前期)がそうでした。舞台は「激動の昭和」で「軍事色に染まった教育や、貧困・空腹・親の死などに耐える子どもたちを目の前に、戸惑いながらも、陽子は明るく気丈に教鞭をとる」云々の内容で、これが「連続テレビ小説」放送開始五十周年の記念作品でした。こうした番組にこそ、暗黒史観を無意識のように刷り込んでいく凄まじい効果があります。


ということは、あの戦争を庶民目線で描くことは暗黒史観、自虐史観とそう言いたいわけですね。ここに出した新聞記事の出来事をテレビで取り上げる時でも軍部を否定的に描いてはいけないということですね。「精進一年 さあ享樂追放だ 〝贅澤もの〟の抹殺へ」の時代を庶民目線で描いてはいけないということですね。こういうコトを平気で口にする奴らだったら、藤原紀香さんのように秘密保護法案に否定的なコメントをしたら背後関係を調べる、なんてやりかねませんやね。
朝日のヤツは読めなかったけど、毎日のは確かに「寶塚大劇場」と書いてました。

現在BSプレミアムで「おしん」が再放送中ですが、時代は戦後に入っておしん役は乙羽信子さん。乙羽信子さんは戦前は宝塚で活躍されていましたが、昭和19年の宝塚閉鎖を実際に体験したということです。「愛と青春の宝塚」の世界を実際に体験したということです。
そういう人がドラマで「戦争がいけないんだよ」と言っても暗黒史観と吐くのが潮匡人元少佐と愉快な仲間たち。前回のタイトル「『バーチャンおしん』をも口汚く罵る潮匡人元3等空佐」とはこのことです。
戦時中〝最後の〟舞台「翼の決戦」で主役を務めた春日野八千代さんは2012年までご存命だった。つまり、「歴史の生き証人」がつい最近までいたのにああいうことを平気で言うのが保守主義者。
大先輩がこんなわけのわからん軍国主義知識人に侮辱されたんですよ。腹が立たないんですか?

宝塚関係者、ファンはマジギレしていいレベルです!!!

そうそう忘れてた。この「愛と青春の宝塚」、NHKじゃなくてフジテレビなんだよな。
何とか言ってみろや!『正論』さんよ!!

2013年9月21日 (土)

石田太郎さん急死!

現在時21時53分。YAHOO!JAPANのニュース欄に「石田太郎氏急死 収録中倒れる」のニュースが飛び込んできました。ただただ驚きです・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

2013年8月 4日 (日)

松浦亜弥さん御結婚おめでとうございます。

というワケで、保存している「ゆうパック」の冊子(チラシ?)をUPします。

これがいつ頃の物かはハッキリ覚えてないんですが、「人口カバー率は2005年11月1日現在」と書いてあるのでその頃だと思います。ではどうぞ。                                                 

          12_2


                                                                              
2枚目の画像、クリックして拡大のはずが縮小になった・・・。けどその方が見やすいか。
あ、PCでの話ね。

フィギュア

アニメ

音楽

映画

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ