日記・コラム・つぶやき

2018年3月29日 (木)

カーチャンの故郷の人

天皇、皇后両陛下は29日、沖縄県訪問を終えられた。

両陛下の沖縄訪問が伝えられれば書こうと思っていたことがある。
それが今回のタイトルの意味。

長万部の茶屋川、カーチャンの家の近所に足の不自由な人がいて、当時子供だったカーチャンは父親(俺のジーサン)にそのことを聞くと、彼は兵士として沖縄戦に従軍して足を負傷し米軍の捕虜になって帰還したとのこと。オオツキさんという人だそう。

カーチャンの家の近所にこういう体験をしてきた人がいたというこの記録は、ツイッターで書けば半永久的に残せると思いあえて名前も出した。この記録を残したくてブログにも同じ内容のものを書いた。それで彼がその時代に存在してこうした体験をしてきたという証を残せると思った。

2018年2月14日 (水)

オタク批判≒ルーリー発言擁護

最近ツイッター政治界隈で話題になっているのが、三浦ルーリー女史の某テレビ番組での「大阪には北朝鮮のテロリストが潜んでいる」発言。もちろんいろんな理屈をコネくり回して擁護する者はいるんだけど、残念なのは表現規制反対派の中にもこれを擁護し正当化する者がいるということ。「日本に北のスパイ網があるのは事実で」とか言って。

表現規制反対派がこれを言うのは悪手だと思う。それを言ってしまえば握手会やコンサート会場、コスプレイベント会場でサツの世話になる極々一部の悪質オタを持ち出して「オタクの中には犯罪予備軍がいるのは事実で」と言うインチキフェミニスト界隈と同根。しかもこいつら「男はみんな性犯罪予備軍」とも言ってるからね。ツイッターでは「まなざし村」と呼ばれているそういう類の連中。敵はこういう所をついてくるのかと思った。

スパイ網云々(でんでん)と言うなら戦時中の日系人強制収容も正当化されてしまうと語っている人もいるけど、ルーリー女史発言擁護派は吉川猛夫を知らないらしい。そりゃ俺らも歳をとるわけだわ。そのうち朝鮮半島の守備隊に配属された兵士を身内に持つ人をスパイ呼ばわりしかねない。

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます!

現在時2018年1月1日AM0時21分。あけましておめでとうございます。

昨年の4月にツイッターを始めてからはブログの更新が滞りがちになってるけど、それでも見てくれる人がいるわけだからなるべく更新頻度を上げようと思う。ブログもそうだけどpixivも更新頻度を上げていきたい。今年の目標はこれでいくかなw

それでは皆さん本年もよろしくお願いいたします。

2017年12月30日 (土)

このまま相撲ネタが続いてくれれば

昨日から連休に入ってテレビを見てたけど、ホント、ずっと相撲ネタばかり。自分の見た範囲でしか知らないけど昼はずっと相撲ネタ。朝のワイドショーも相撲ネタばかりらしい。
ツイッター政治界隈を見ていたら「他に伝えるべき大切なことがあるのに相撲ばかりやってマスコミは」みたいなことを言う意識高い系がチラホラ見えるけど、自分はこの今の状況がと~~ってもありがたい!

テレビで政治を取り上げればあの気持ち悪く汚らわしくおぞましい時事通信社政権御用すし野郎が出てくることになるので、奴を見なくなったのは実に心地よい。通常国会が召集されてもすし野郎シャブ野郎をテレビに出すくらいならずう~~っと相撲の話題ばかりやっててほしい。

相撲界暴行問題がこじれてからは木造船ニュースで工作員工作員わめいていた吐き気を催す官邸の工作員コメンテーターは自分の知る限り見なくなった。案外ああいうてあいをテレビに出さないためのメディア側の抵抗だったりしてwww ええ。もちろん邪推ですよ。

貴乃花親方がんばれ!もっともっと話題を提供して通常国会が召集されても官邸御用野郎官邸工作員野郎がテレビに出てくる余地を与えないでください。テレビで政治を扱うと吐き気を催す気持ち悪く汚らわしくおぞましい官邸御用すし野郎シャブシャブ野郎を送り込まれるから。さらに問題がこじれて初場所春場所夏場所とずう~~~~~~~~~~っと相撲ネタが続くようにしてください。さすがに名古屋場所秋場所九州場所と続くと見る方が飽きるかw

2017年10月31日 (火)

実は日本会議と同じ?

衆院選、皆さんご存知の通りの結果になったわけだけど、やはり立憲民主党の躍進は特筆すべき。って話題はそれじゃない。

選挙後の野党支持、立憲民主・共産支持者ツイートで目立ったもの。
「政治に関心を持たずアイドルに現を抜かしているなら国は滅びる」とか「アニメに現を抜かしアニメのことは詳しいくせに政治に関心を持たない」とかいったもの。

今が全体主義に向けてゆっくりと、そして確実に進んでいるのはその通りだと思うけど、こういう思考そのものが全体主義。それが「実は日本会議と同じ?」の意味。
アイドルやアニメに現を抜かすことが滅亡に繋がると言うなら結局こういうこと。

Photo_5_1_3 朝日新聞(東京) 1944年3月1日(水)

この非常時に歌劇などに現を抜かしおって。
貴様それでもニッポン人か~~~!!!

とかね。

戦時中物のドラマでそんなの見たことあるでしょ?


自分は立憲民主支持で比例投票先は直前まで共産にしようか迷ったけど、戦時中、それも末期の思考をする立憲民主・共産支持者が多いならこの先どうしようかな~とは思う。




自分は右であれ左であれ「大戦末期的なもの」には与しません

2017年9月26日 (火)

ファシズムの「初期」兆候

解散表明?新党?政治スタンスは個々にあるだろうけど、ここで紹介したいものがある。
ツイッターの世界では何度も引用されていてかなり知られたものだが、改めてここに引用する。今日リツイートしたものから。

ファシズムの初期兆候 byローレンス・W・ブリッド
出典:米国・ホロコースト博物館

・強力かつ継続的なナショナリズム

・人権の軽視

・国内団結のための敵国の特定

・軍事の優先

・性差別の横行

・コントロールされたメディア

・国家安全保障への執着

・宗教と政府の接近

・企業権益の保護

・労働運動の抑圧

・学問や芸術の軽視

・犯罪重罰化への執着

・身びいきと汚職の横行

・詐欺的な選挙


引用元によって言葉が違う場合もあるが、このような内容。

すげえな。全部現政権のことじゃん。
全部当てはまっていたらもう「初期兆候」じゃないよな。だからタイトルの「初期」に「」をつけた。
そういう社会をお望みなら、どうぞご自由にとしか言えない。

2017年8月27日 (日)

WWⅡ趣味で得た知識のこと

高須克弥医師の一連のツイートがとうとうサイモン・ウィーゼンタール・センター案件になって数日経ったけど、まあ当然だわな。しかし何より驚いたのは、彼のナチス礼賛発言を擁護する者が一定数いたこと。しかもオタが。これには呆れ果てた。オタこそが彼を諫めないと。
なぜかって?オタこそがその方面の知識が豊富だから。それを生かさないと。

WWⅡドイツ軍機キットの箱絵で鉤十字が省略されているのはなぜか?

「セーラームーン スーパーズ」のタイトルが「SS」から「SuperS 」に変更されたのはなぜか?

これらを考えれば、高須発言が世界でどう受け取られるか理解できるはず。
が、理解できない者が多かった。そう言わざるを得ない。

自分もWWⅡドイツ軍物に興味があるし、小林源文作品も一通り読んだし、グラフィックアクションも何冊か手元にあるし、そこで得た知識があるからこそ保守論壇とナチスの共通点が分かる。

このブログでもそれらの書籍から何度も引用してきた。自分でも覚えてないくらいに。
それこそが趣味を通じて学ぶということのはずだが、逆のことやってる奴らが多すぎるんだよな・・・。

2017年6月21日 (水)

バカの天才教育

今日の重大ニュースは、藤井聡太四段連勝記録を28に更新。森友も加計もどっかいったwww

もちろん大変喜ばしいことではあるけれども、これに影響されて「我が子にも藤井四段のような天才教育を」とか言ってる親には「ほんと、バカじゃねえの」と心の底から思う。

仮にだけど、藤井四段 の親がこういう親だとしたら?
「将棋ばかりやってないで、流行りのテレビを見たり、流行りの音楽を聴いたり、売れてる芸能人に興味を持って、友達をつくる努力をしたり周囲に溶け込むための努力をしなさい」
こういう親だとしたら、彼の才能は開花しただろうか?

「流行りのテレビを見たり、流行りの音楽を聴いたり、売れてる芸能人に興味を持って、友達をつくる努力をしたり周囲に溶け込むための努力をしなさい」
これを何よりも大切なこと、絶対的なことと信じて疑わずに歳を重ねた親たちが 藤井四段のような天才を育てる? 笑わせるなってwwwwwww

これも仮にだけど、親だけじゃなく教師もこういう教師だとしたら?今の彼は存在しただろうか? どんなにズバ抜けた才能の持ち主でも自分一人の力ではその才能は完全には開花しない。周りに合わせることを絶対的正義としてきた連中が天才教育だなんてちゃんちゃらおかしいwwwwwwwwwwwwww

まだ例を示すことができる。この画像。

Ichiro3000

イチロー選手がズバ抜けた野球の才能の持ち主であることは言うまでもないけれども、こういうことを毎日吹き込まれていたら彼の才能は開花しただろうか?ここに書いていることを自分の子供に毎日吹き込んで、それで一流選手を育てることができたら認める。

2017年6月 4日 (日)

「エアレースで零戦飛行」騒動で思ったこと ぱ~と2

6月3、4日、各方面から話題になった(って大したことないけど)エアレースで零戦が飛行。昨日今日と「『エアレースで零戦飛行』騒動で思ったこと」のアクセス数が伸びてその方面では一大ニュースだったんだなと。

自分もこのエアレース見に行きたかった。しかしこれだけは言えるのが、多くの人が目にしたその鮮明な景色、リアルの中で零戦など航空機に搭乗していた搭乗員は命のやりとりをしていたということ。当然血も飛び散ったし火だるまにもなった。零戦の写真ってほとんどがモノクロで荒いものばかりで別世界のような感じだけど、当時の人は当然その目に見える鮮明な景色の中で零戦を扱っていた。

もう一つ。その会場で双眼鏡やカメラ等を構えていた人は、共謀罪テロ等準備罪での下見行為による処罰対象です。実際法務大臣が国会で答弁していたんだし。東京オリンピックでは各地から多くの人が集まるからこういう写真を撮ったからといって愛国者とは限らんよ。テロリストの成りすましかも知れない。あなた自身が熱心な愛国者であっても初対面の人にどうやってそれを証明するの?

で、「こういう写真」というのがこれら。

Yasukuni1
Yasukini2

2017年5月14日 (日)

「エアレースで零戦飛行」騒動で思ったこと

来月の3日、4日に開催される「レッドブル・エアレース千葉2017」で零戦が飛行する予定だが、それがちょっとした話題になっている。航空機好きやミリオタの他にも、やはりと言うべきか、軍国主義を彷彿させるとかなんとか、といういつものヤツ。

正直、これに関しては「肯定派≒否定派」だと思っている。

まず否定派。これは今更。戦争に関する技術全般が許せないと言うなら、特に船舶や航空機は戦争で発達してきたも同然。なら船にも飛行機にも乗るなというのは当然の帰結。

だからと言って、「エアレースの零戦飛行を批判する者はパヨク」というレッテル貼りも、そのパヨクと同じことになってしまう。

→エアレースの零戦飛行を批判する者はパヨク
→じゃ東京の空にB29が飛んでもいいのか。
→いい。現代人がB29を見る目と、年に千人単位で人命を奪っている自動車を見る目は同じ。
→自動車は年に千人単位の人命を奪っていると言うなら、過激思想なんて大したことはない。

「エアレースの零戦飛行批判はパヨク」のレッテル貼りは、結局パヨクの思考に帰結するというオチ。


ツイッターを見てたらこんな意見もあった。
「飛行機好きかミリオタでなければそれがB29かなんて分からない」
分からないからと言うなら、今時の若者には数十年前の朝日新聞が何を書いてきたのか分からないから「朝日は日本の良心」と吹き込んでもいいことになるぞ。本当にそれでいいのか?

結局、エアレースの零戦飛行なんて「わーすごいかっこいー」というレベルのもの。 思想性があるとすればそれこそ戦前礼賛、戦前回帰のプロパガンダ。 歴史と技術を学びたければ図書館か本屋に行け。

より以前の記事一覧

フィギュア

アニメ

音楽

映画

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ