« 通電後最初の日曜に | トップページ

2018年10月30日 (火)

キズナアイ騒動で暴かれたオタク批判論者のレベル

10月ももうすぐ終る。今月ツイッター上を賑わせた話題と言えばキズナアイ騒動。
騒動と言っても似非フェミニスト・似非人権屋連中が勝手に騒いだだけだが。

NHKのノーベル賞特設サイトにキズナアイが登場したことを「NHKは公共放送なので相応しくない」だの「女性蔑視性的搾取デンデン」とわめいた生命体共。こいつらNHKの番組を見てない、そして過去の番組に関しての知識もないことがまるわかり。

「キズナアイの胸が大きすぎてNHKにふさわしくない」とか吐く輩がいたというのが本当に理解できない。それ言ったら松坂慶子は完全にNHKの常連だし小池栄子や綾瀬はるかもほぼ常連。NHKの常連と言えばもはやギャグになるくらい固定されてるってのに。これだけでもNHKの番組を見てないのがわかる。

公共放送に相応しくない云々ほざいた性嫌悪フェミの皆さんにはぜひともNHKの過去番組をできるだけチェックしてほしい。ストリップ前座経験者やロマンポルノ出演経験者がどれだけいるでしょうかね?見てもいない、調べもしないことを声高に叫んで人権派を気取れる。なんて素敵な商売なんでしょwww

そして公共放送云々って奴は40年前に答えが出てるから。
年季の入ったロック好きなら誰でも知ってる「ヤング・ミュージック・ショウ」という番組があった。その番組の放送後に「公共の電波を使ってなぜこのような無用な雑音騒音を流すのか」と抗議が来たそう。それに対して「雑音騒音かどうかは受け手が判断することで放送局はその材料を提供すること」と答える映像がある。以前NHKアーカイブスでキッスを特集したときにそれが使われていた。そういうことだ。

今回の騒動で社会学者の信用は地に落ちたwwwざまあwww
今回の騒動、一つ収穫があるとすれば本来の意味でのフェミニズムが再確認されたことか。これは素直に喜ぶべきと思う。

« 通電後最初の日曜に | トップページ

オタク批判批判」カテゴリの記事

フィギュア

アニメ

音楽

映画

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ