« 南北首脳会談ブルース | トップページ

2018年5月31日 (木)

「他者を攻撃してきた体育会系が」その一例

ここ数週間ツイッター上でのオタク差別との闘いの最中に例の日大タックル問題が起り、今までさんざん他者を攻撃してきた体育会系が「悪いのはごく一部なんですよぉー。全部いっしょくたにしないでくださいぃー」などと吐いているらしいけどそれ報いだから。

「『今までさんざん他者を攻撃してきた体育会系が』その実例を見せろ」と言う人もいるかもしれないので実例を挙げる。
手元にある資料「話の特集 ビートルズ・レポート」から。ビートルズ来日時のドキュメント。


「キチガイ娘!」(原文ママ)
「泣くんなら見るな!」
「バカヤロ!」
 ファンに向かって、警備員がどなりつける。大学の空手部、柔道部、応援団の学生、彼らの憎しみにみちた表情に、ぼくは羽田空港で少女ファンと警官との間に発見した、あの暗い亀裂をふたたび感じた。


ここで何度か書いたと思うけど、ビートルズ来日時にファンをさんざん口汚く罵ったのは体育会系。それと同じことを今アニオタに対してやっている。ホント、あいつらの精神構造何十年経っても変わんねえのな。

体育会系と音楽を話題にしたらこれにも触れておかねば。
バンドをやっているからと言ってやかましく絡んでくる体育教師の名前を使った世界的バンドもいるんですわ。
レーナード・スキナードっていうんですけど。

« 南北首脳会談ブルース | トップページ

オタク批判批判」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

フィギュア

アニメ

音楽

映画

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ