« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

対決!SMバーVS出会い系バー

加計学園問題で話題の文部科学省前次官、前川喜平氏。彼の記者会見は驚愕ものだったが、違うところで話題になっているのが、読売新聞が暴露した出会い系バー通い。

しかしこんなもん、前川氏のイメージダウンが目当てであることは明白。権力にたてつくとこういう目に合うということを民間の政権広報紙が示してくれたというわけ。現時点でこうなんだから、これで共謀罪が施行されたらどうなるかは火を見るより明らか。

けどこの手の話題で真っ先に思い出すのが、政治活動費をSMバーに使った大臣がいたこと。もちろん安倍政権ですよ。

宮沢洋一経産相問題で思ったこと~うめつゆきのりは神

せっかくなんで、この記事とは別の画像も載せるか。

Bizarrecollection
Mate20026

それにしても、例のSMバーの一件以降も森友加計含め様々な政権不祥事が起こっているけど、政権支持率は50%近い。これでハッキリしたのは韓国の方が民度が高いということ。

2017年5月14日 (日)

「エアレースで零戦飛行」騒動で思ったこと

来月の3日、4日に開催される「レッドブル・エアレース千葉2017」で零戦が飛行する予定だが、それがちょっとした話題になっている。航空機好きやミリオタの他にも、やはりと言うべきか、軍国主義を彷彿させるとかなんとか、といういつものヤツ。

正直、これに関しては「肯定派≒否定派」だと思っている。

まず否定派。これは今更。戦争に関する技術全般が許せないと言うなら、特に船舶や航空機は戦争で発達してきたも同然。なら船にも飛行機にも乗るなというのは当然の帰結。

だからと言って、「エアレースの零戦飛行を批判する者はパヨク」というレッテル貼りも、そのパヨクと同じことになってしまう。

→エアレースの零戦飛行を批判する者はパヨク
→じゃ東京の空にB29が飛んでもいいのか。
→いい。現代人がB29を見る目と、年に千人単位で人命を奪っている自動車を見る目は同じ。
→自動車は年に千人単位の人命を奪っていると言うなら、過激思想なんて大したことはない。

「エアレースの零戦飛行批判はパヨク」のレッテル貼りは、結局パヨクの思考に帰結するというオチ。


ツイッターを見てたらこんな意見もあった。
「飛行機好きかミリオタでなければそれがB29かなんて分からない」
分からないからと言うなら、今時の若者には数十年前の朝日新聞が何を書いてきたのか分からないから「朝日は日本の良心」と吹き込んでもいいことになるぞ。本当にそれでいいのか?

結局、エアレースの零戦飛行なんて「わーすごいかっこいー」というレベルのもの。 思想性があるとすればそれこそ戦前礼賛、戦前回帰のプロパガンダ。 歴史と技術を学びたければ図書館か本屋に行け。

2017年5月12日 (金)

「御用」ジャーナリストwwwwwwwwww

ここ最近発信手段がTwitterになっていたブログがご無沙汰になっているが、今週いい話題が出てきたな~。
もちろん今週号の『週刊新潮』(5月18日号)の記事、御用ジャーナリスト山口敬之の強姦疑惑ですよ。

Rape


もちろん本人は否定しているし、奴はハメられたのかもしれない。記事自体がデマなのかもしれない。
こいつが黒であれ白であれ憲法で定めた基本的人権によって守られるべきと考えている。
仮に奴が逮捕されたしても、その時点では容疑者なわけだし弁護士も付いて憲法で定めた権利で守られる。

第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

しかしこいつは、その現行憲法を否定し憲法で定めた基本的人権を否定する集団の一味。
現行憲法を否定し現行憲法で定めた基本的人権も否定しているくせに、その現行憲法で
定めた基本的人権にすがりついている。

自衛隊を否定しておきながらイザという時には自衛隊の世話になるその手の人たちと同じ。
だったら始めからそういう人たちの側に付いた方がいい。
そういうこと。

2017年5月 3日 (水)

アメリカの押し付けだから憲法改正という謎論理

今日は憲法記念日。右派左派双方が集会を催した一日。
だからというわけでもないけど、自分もツイッターで発言した。ツイッターは発信力はズバ抜けているけどいかんせん文字数がなあ、というわけでまとめたものをここに記す。

日本国憲法に対しての自分の基本的なスタンス。
自分は何が何でも改憲は罷りならんというわけではない。 が、日本会議の言う「日本国憲法はアメリカの占領政策だから」という理由での改憲ならそれは反対。

仮に終戦後すぐに再軍備が認められたとしてどうなる? 武器を作る材料も動かす燃料も兵隊に食わせる食料も訓練する時間もないから降伏したのにどうやってアメリカの力を借りずに再軍備するのか? 戦争の放棄を明記しようがしまいがどの道アメリカの属国。

日本会議系知識人の決まり文句「民族の存亡を賭けて負けを承知で戦った」 「大義のために戦うならどんなに犠牲が出てもいい」
→「民族の存亡を賭けて負けを承知で戦った」、その結果が占領憲法なんだから文句言わずに黙って受け入れろ。

再軍備するのにもアメリカの助けがなければできなかったという事実を無視して民族の誇りがナンチャらと思想や精神性を居丈高に振りかざす。こういう日本会議みたいな連中がいるかぎり何百回戦争したって負けますよ。どんなに戦力が充実していてもな。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

フィギュア

アニメ

音楽

映画

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ