« 蓮舫議員は女神~アストロH軌道投入を喜ぶ前に | トップページ | ネコの日に「Cat Scratch Fever」 »

2016年2月21日 (日)

佐藤正久議員って言うほどソルジャーか?

安倍総理が20日のニッポン放送のラジオ番組に出演して憲法改正について言及したそう。

今年夏の参院選でも当然争点になるわけだけど、それは一向に構わない。これも何度も書いてきたけど、自分もかつては改憲派で第1次安倍政権の時は自民党支持だった。
けど今は民主党支持。改憲派の人たちはどんな所でも日本の領土を守るためならその命をいつでも捧げられる人たちだと思っていたが、保守系知識人の発言を読み聞きするうちにそうではないことがハッキリと分かった。
「戦後の日本人はカネのことばかり考えて国を守る気概を失った」だとか「経済的繁栄が日本人の精神を堕落させた」とか言っているくせに山暮らしもできないんだから。

それに、何でこんなもんが讃えられているのか不思議に思う人物もいる。
それがタイトルにも書いた佐藤正久参議院議員。

Higumatotaisa

ケータイからは画像の文字が読めないのでここに記す。そしてそれは自分が彼に対して感じていること。

田舎の元上等兵のうちのジーサンでもこういう生き物がウヨウヨいる所で銃も弓もクマ撃退用スプレーも持たずに半年以上余裕で過ごして働いてきたけど、元一佐に同じことができますか?この手の人たちは尖閣ばかりを問題にするけど、渡島半島に工作員が上陸したらどうしますか?こういう所で過ごして戦えますか?


これも何度も書いてきたけど、うちのジジババの山仕事がどのようなものだったのか記す。

・ 食べ物は何を持ち込もうと自由。後始末をしっかりしないとクマが来る。それだけのこと。

・ 現金はいくら持ち込もうと自由。使う所があるかどうかは別問題。

・ 銃や弓など飛び道具は禁止。そんなものなくても毎年無事に帰ってきた。

・ クマ撃退スプレーは禁止。昔はそんなものなかったし、なくても何事もなく帰ってきた。

・ 火薬類は爆竹2箱のみ。これでも多すぎる。爆竹で爆弾を作ろうと考えているなら甘い。

・ 住居は組み立て式の木製の小屋かテント。車中泊は禁止。

・ 風呂はドラム缶風呂。水は沢から汲んでくる。
※温泉や銭湯は認めるが、車両・軽車両での移動は禁止。

・ 電化製品はラジオのみ。電源は乾電池のみ。明かりはランプ。

・ 事故、災害、病気は完全自己責任。
※クマに襲われても濁流に流されても崖から落ちても自己責任。ずっとそれでやってきた。


うちのジジババがヒグマの生息地でこれをやってきたときに保守主義者たちが憂国の士と讃えている三島由紀夫は何をやっていたのか。
安全・快適な大都市に籠って「無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう」とかほざいていたんでしょうが。
こんなもんを憂国の士と讃えている人たちに与するくらいなら民主党を支持したほうがいい。


これだけでは分からない人もいるかも知れないので、またまた一大画像祭りだ。

Coloneldick
11dbonbon
上掲2枚の一文

自衛官を卑しむ三島由紀夫信者

ウィキペディア「三島事件」より。

7月2日から1週間、早大国防部13名が自衛隊北恵庭駐屯地で体験入隊。森田はその時の感想を、「それにしても自衛官の中で、大型免許をとるためだとか、転職が有利だとか言っている連中のサラリーマン化現象は何とかならないのか」と綴り、自衛隊員が「憲法について多くを語りたがらない」ことと、「クーデターを起こす意志を明らかにした隊員が居ないのは残念だった」ことを挙げた。

写真の左側は俺撮影。1990年代初頭、真駒内駐屯地創立記念行事。


Bonbonhiguma

三島由紀夫信者の言う日本とは大都市だけ

うちのジジババはヒグマの生息地に6ヶ月間泊まり込んで働き、それを25シーズン以上続けてきたけど、三島信者は1シーズンでもできるんですか?それで大衆を「経済大国ボケ」と罵るんですか?

経済大国ボケ≒三島由紀夫信者


Kokonisume
三島由紀夫信者の言う日本とは大都市だけ

昔の小作人はレンジャー隊員以上のサバイバル技術を身に付け、その技術を駆使して日常生活を送っていたけど、三島信者はそれで何年生活できますか?

「からっぽな経済大国」でないと生命を維持できない憂国の士


Bbahiguma
曽野綾子をヒグマの生息地に送り込め!!
右側の文字 - 卑劣!!口だけサバイバー

産経新聞2008年2月4日(月)  曽野綾子さんのお言葉

生活は共同、早寝早起き、同じものを食べ、大部屋に暮らし、携帯やテレビゲームは禁止、テレビは合議制でチャンネルを選ぶ。
 奉仕活動の中では体育にも重きを置く。長い距離(二十キロくらい)を歩く。野外で煮炊きする。穴を掘る。何でもいいけれど、とにかくサバイバルの自信をつける。

じゃお前がこういう所で過ごしてみろよ。


Yoshikotohiguma
「日本の男は卑小になった」とかほざく櫻井よしこさんへ

じゃ昔の女性がやっていたことをできますか?
うちのバアさんはこういう生き物がウヨウヨいる所で半年間余裕で過ごして働いていたけど、あなたたちに同じことができますか?有事の際にはこういう所に籠って戦い抜く覚悟がありますか?

あなたたちの言う国防とは安全・快適な大都市に籠って能書きをタレることですか?


これらが改憲問題を考える上での助力になるなら幸いだ。

« 蓮舫議員は女神~アストロH軌道投入を喜ぶ前に | トップページ | ネコの日に「Cat Scratch Fever」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ