« 「徴兵制はウソ」はウソ~佐藤正久さんは呼吸を吐くようにウソを吐く | トップページ | 「徴兵制はウソ」はウソ~民主党パンフのイラストwwwww »

2015年7月 5日 (日)

「徴兵制はウソ」はウソ~佐藤正久さんは呼吸を吐くようにウソを吐く ぱ~と2

前日の続き。昨日書ききれなかったことを書く。
あんまり長すぎてもいけないし。

ニュースサイトをダラダラと見ていたら、「ヒゲの隊長」としておなじみの自民党の佐藤正久元防衛政務官が「民主党は徴兵制があるなどと言って不安を煽ってるアホ」と語ったという記事を見つけた。
その記事のタイトルが「民主党が吹聴する「徴兵制復活」 “ヒゲの隊長”が一刀両断」。

そのニュースサイトというのが、産経系の「ニュースまとめ iza(イザ)」。
その「ニュースまとめ iza(イザ)」2015年6月23日のこの記事から引用する。
ちなみに全文は前日の「ぱ~と1」に掲載した。

「穴を掘って近接戦闘で小銃を撃つ、という時代ならいざ知らず、現代戦では、高性能の兵器やシステムを使いこなすことが求められる。高校や大学を出て入隊した若者がこうした域に達するには、大体10年かかる」

これはこのブログの前日の記事でおかしいと証明した。
「高性能の兵器やシステムを使いこなすには10年はかかる」と言うけど、戦前の日本海軍だって装備を使いこなしていると言える技量に達するにはやはり10年はかかった。大型の軍艦はその時代の高度化したハイテク兵器なわけだが、それでも徴兵で人員を集めていた」
という内容。


今回はもう一つ、おかしいと思うところを述べる。これだけでも「『徴兵制はウソ』はウソ」と言える。

「穴を掘って近接戦闘で小銃を撃つ、という時代ならいざ知らず」なんて言っているけど、「『穴を掘って近接戦闘で小銃を撃つ』なんて現代ではありえない」とそれは絶対にない、絶対にありえないと言い切れるのか?
「『穴を掘って近接戦闘で小銃を撃つ』なんて現代ではありえない」と言うなら、今の自衛隊では掩体構築訓練は一切やってないのか?
新隊員教育では小銃用掩体、機関銃用掩体、無反動砲用掩体構築訓練をやるはずだが今はそんなことは一切やってないのか?
演習でも掩体構築は一切やらないのか?
やっているとしたなら、なぜ「穴を掘って近接戦闘で小銃を撃つ、という時代ならいざ知らず」などと言えるのか?
「穴を掘って近接戦闘で小銃を撃つ、という時代ならいざ知らず」と言うなら、掩体構築訓練など一切やる必要はないのではないか?
必要があるからやっていることを「ない」と言うのは何か裏があるのではないのか?

ほんの少しでも自衛隊に関する知識があれば、これだけで「『徴兵制はウソ』はウソ」と見抜ける。

« 「徴兵制はウソ」はウソ~佐藤正久さんは呼吸を吐くようにウソを吐く | トップページ | 「徴兵制はウソ」はウソ~民主党パンフのイラストwwwww »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

「徴兵制はウソ」はウソ」カテゴリの記事

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ