« 特攻隊員の遺族をヒグマの生息地に送り込め!!!!! | トップページ | 武士を卑しむ産経言論人~やっぱり「武士道≒ゲリベン」 »

2015年4月18日 (土)

札幌の地下鉄で人命救助があったらしい。

昨日晩メシを食いながらSTV(日本テレビ系)「どさんこワイド179」を見てた。
道外の人にはなんのこっちゃだけど北海道のローカル番組でそういうのがあるんですわ。

で、その昨日のニュースでこんなのがあった。
札幌地下鉄東豊線の駅で心肺停止になりホームから転落した人を救った5人に消防署から感謝状が贈呈された、とのこと。番組ホームページで確認してこれを書いた。

もちろん素晴らしいことだし讃えられてしかるべきなんだけど、見ていて「へーそーすばしいねーうんうん」といった冷めた感情しか出なかった。

もちろんこれにはちゃんとした理由がある。あれは2009年(平成21)の11月24日のことだ。
当時の日記にちゃんと書いてある。

あれは当時の職場で仕事を終えて帰宅する時の17時半頃か。大通駅を利用していた。
大通駅から地下鉄に乗ってもうすぐ発車というときに、歩くのもやっとの老人が乗ってきた。1歩くのに2秒ぐらいかかっていたかも。見ていてアブなかった。扉に挟まれたりホームの隙間に足を引っ掛けて転んだらどうするのかと。それでも無事乗り込んだ。

そして次の駅だ。その老人が降りようとしたが、何せ歩くのもやっと。降りようとした直前に扉に挟まれて転んだ!

その老人は自力で起き上がれなかった。閉まる扉に挟まれたがケガをするほどではなかったのが救いか。
とっさに乗客の1人が老人を抱えようとした。俺は扉を押さえた。が、救助に当たったのはこの2人だけ。他の乗客は何もしなかった。

その人は老人を抱えようとし、俺は扉を押さえ付ける。当然扉が閉まるわけはない。そんな状態が3分ぐらい続いた時、ようやく駅員がやってきて老人を抱え上げて連れて行った。その老人はゆっくりながらも自力で歩いて行ったので大丈夫そうだった。


繰り返す。その老人の救助に当たった乗客は俺を含めて2人だけだ。その駅員を含めても3人だ。

他の乗客どもは本当に何もしなかった。
車内に設置してある非常通報ボタンで乗務員に連絡することぐらいはできたはずだが、それさえしなかった。

なので今では、地下鉄に乗る時は非常通報ボタンの位置を確認している。何かが起こった時、極一部の例外を除いて周りの連中は一切何もしないと分かったから。地下鉄に乗った時も周りの乗客をそういう目で見ている。

« 特攻隊員の遺族をヒグマの生息地に送り込め!!!!! | トップページ | 武士を卑しむ産経言論人~やっぱり「武士道≒ゲリベン」 »

ニュース」カテゴリの記事

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ