« アクセプト来日記念~ウルフ・ホフマンの衝撃発言wwwww | トップページ | 通勤時に見た「酸素のムダ使い」 »

2014年11月10日 (月)

アクセプトも紹介したならT.T.クイックも

前回、アクセプト来日記念に『YOUNG GUITAR』1986年10月号アクセプト来日特集記事を紹介したけど、それなら現シンガーのマーク・トーニロが在籍していた「T.T.クイック」(T.T. QUICK)にも触れなければなるまい。

と言っても自分はこのバンドについてはよく知らないwwwwwマークがアクセプトに加入すると知って何度かYou tubeで聴いたぐらい。

なので雑誌から転載した方が手っ取り早いし確実。
前回と同じく『YOUNG GUITAR』1986年10月号から。

Img008_2
PCから見ている人はこの画像を拡大すれば読めるけど、ケータイから見ている人のためにこの記事を転載する。情報は原文ママ。


 メタリカ、エキサイター、アンスラックスらの活躍と成功などで、日本のファンからも注目を集めているスラッシュ・メタルの拠点アメリカのイースト・コーストから、また1組話題を呼ぶこと間違いナシの強力な新人グループが登場する。日本でも今月25日にデビュー・アルバム『メタル・オブ・オナー』(ポリスター R28D-2046)が発売となる(注、当時)T.T.クイックだ!
 このT.T.クイックが結成されたのは1980年のこと。当時はヴァン・ヘイレン、AC/DCなどのコピー・バンドとしてクラブ・シーンで活躍し、地元ニューヨークではトゥイステッド・シスターと並ぶ評価を得ており、1984年にはメガフォース・レコードからミニ・アルバムでレコード・デビュー。その後、現在のマーク・トーニロ(vo)、デヴィッド・ディピエトロ(g)、ウォルト・フォーチューン(b)、エリック・フェロ(dr)のライン・ナップとなり、英アイランド・レコードとワールド・ワイドな契約に成功、今夏、このアルバムでいよいよ世界制覇に乗り出すこととなった。本作ではアクセプト、アルカトラスで有名なマイケル・ワグナー、ジミ・ヘンドリックスらを手掛けたエディ・クレイマー、そしてレイヴンのロブ・ハンターとアレックス・ペリアラスと、計3組ものプロデューサーを起用し、スピード感豊かなギンギンのメタル・サウンドを披露しており、ヘッド・バンキング派をKOすること請け合いだ。パワフルなギター・サウンドにも注目!


そのアルバム、「Metal Of Honor」(メタル・オブ・オナー)の動画も貼っとく。


ケータイはこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=6b2ANv-0__Q


書いてて思ったけど、この「T.T. QUICK」の「T.T.」ってどういう表記が正しいの?
「TT」とつなげて書いたり「T T」と間隔を開けて書いたり「T.T.」とドットを入れたり色々。

« アクセプト来日記念~ウルフ・ホフマンの衝撃発言wwwww | トップページ | 通勤時に見た「酸素のムダ使い」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ