« 「中高生のための国民の憲法講座」~マジで呆れ果てたわ ぱ~と3 | トップページ | 産経新聞阿比留瑠比記者は自衛隊の敵より悪質 »

2014年5月24日 (土)

ビートルズ来日時に見た日本の文化人のレベル

残念ながら、今回のポール・マッカートニー来日全公演が中止となりました。
前回の来日公演からわずか半年で伝説再来!とはいかなかった・・・。

今回の記事はポール来日に合わせて書こうと思っていたんだけど、それでもこれを書くことは十分意味があると思う。オタク批判論者の抹殺という目的ももちろんある。そいつらを絶滅させるまで戦いは終わらないよ!東京都青少年健全育成条例の適用も出たし。

それに午後9時以降の小中学生のスマホ禁止とかやってる自治体もあるし、その自治体の小中学生にはぜひこれを読んでほしいと思う。なぜかって?ケータイやゲーム、それにネットが登場する前はビートルズやベンチャーズ、エレキギターが子供に悪影響を与えると言われていたよね!?

それを証明するのがこれ。このブログで何度も取り上げたものです。

Securedownload_2550_2_3


















左、「ビートルズってなんだ?53人の“マイ・ビートルズ”」(香月利一 編 講談社)
右、ビートルズ・エピソード550(香月利一 立風書房)

「日本の文化人」のレベルを知らしめないと。


「ビートルズってなんだ?53人の“マイ・ビートルズ”」から。
草野心平「ビートルズが示唆するものは沢山ある」より引用。初出は季刊「サブ」1971年2号。

 「音楽になっていない。私はビートルズが演奏中に停電になればいいと思う。あの四人がいくらオカッパ頭をふり廻してカッコつけても、真暗で何も見えないや?!テケテケテケと必死にギターをかき鳴らしたって音がでてこないさ。しかし、クラシックの演奏家や正しいポピュラー奏者なら暗闇の中でも、そのまま演奏が続けられますよ。これが本当の音じゃないかな。つまりね、ビートルズの演奏は電気の力を借りた単なるハッタリさ。音楽と思わなきゃ、腹も立たないがね」(団伊玖磨)
 「いいとも悪いとも思わない。バカバカしくて、ただのお笑い草だ」(岡本太郎)


日本を代表する文化人、団伊玖磨と岡本太郎はビートルズを
クズ呼ばわりしましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



「ビートルズ・エピソード550」から。

 六月一日、ビートルズの最高傑作といわれるアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が発売された。これを聴いたニューヨーク・フィルの常任指揮者レナード・バーンステインは、このアルバムを絶賛して言った。
 「ビートルズ・サウンドは、バッハのフーガにも匹敵する美しさを持っている。あらゆる意味で、彼らは今世紀最高の作曲家である。いや、今世紀ならずとも、少なくともシューベルトやヘンデルよりは上等だろう」


この2つを読み比べれば、日本の文化人のレベルが分かるでしょう。


だからオタク批判論者は
抹殺しなければならない
と言ってる!!!!!

« 「中高生のための国民の憲法講座」~マジで呆れ果てたわ ぱ~と3 | トップページ | 産経新聞阿比留瑠比記者は自衛隊の敵より悪質 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

オタク批判批判」カテゴリの記事

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ