« 月1ペースで行ってた焼き鳥屋に1年半ぶりに行った結果wwwww | トップページ | トワイライトエクスプレスの思い出 »

2014年5月31日 (土)

海自魚雷艇の写真を眺めて思ったこと

休日。気ままに古い写真を眺めていたらこんなのがあった。

Img001_3
'90年代初頭、家族旅行に行った時余市防備隊の魚雷艇を撮影したもの。

この当時の自分は、いわゆる平和主義に疑問を感じていた。
改憲主義者だった。
その改憲主義者が第7師団創立時の一員だった親父とその同僚を罵っているとは思いもしなかった。何のことか分からない人は前々回の記事を読んでね。
兵役検査を受けて兵役に就かなかった作家が憂国の士と讃えられているとは思いもしなかった。
国防を唱えている者の大半は口だけだとは思いもしなかった。今ネット上や保守論壇で勇ましく国防だの愛国だのを唱えている者は多いけど、「自分は有事の時は平気で血を流せる」とハッキリと言い切る者はいない。こういう奴に限って武士道を口にする。

そして何より、堕落した経済大国にドップリ浸かり、堕落した文明社会から切り離したら呼吸をすることすらできないくせに「戦後の経済的繁栄が日本人の精神を堕落させた」とか吐かすスカトロ食糞野郎がいるとは思いもしなかった。

この写真を撮影した頃から1~2年くらい前まで、うちの(母方の)ジーチャンとバーチャンは毎年渡島の山林に約7ヶ月間働きに行っていた。山のふもとに小屋を建てて宿営地にして、そこから仕事場に向かった。当然電気、ガス、水道なんてない。風呂は沢から水を汲んで来てドラム缶風呂。

北海道渡島地方の山林だから当然ヒグマの生息地。そんな所で約7ヶ月間こう暮らす。第一空挺団のレンジャー隊員でも無理だろ。それをうちのジーチャンとバーチャンがやっていた。

全ての保守主義者へ。
「戦後の経済的繁栄が日本人の精神を堕落させた」とか言うなら、うちのジーチャンとバーチャンと同じことをやってから言えや。あ、口だけだから無理か。

« 月1ペースで行ってた焼き鳥屋に1年半ぶりに行った結果wwwww | トップページ | トワイライトエクスプレスの思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ