« 「はだしのゲン」の校内暴力シーンを問題にする奴wwwwwwwwww | トップページ | 「バーチャンおしん」をも口汚く罵る潮匡人元3等空佐 »

2013年10月19日 (土)

「LOUD PARK 13」記念に「クール・ジャパンを嗤う」を嗤う 

本日19日と明日20日に「LOUD PARK 13」が開催されます・・・・・行きたいけど行けないんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーー!!!!!

そんで、今日のテーマはこのフェスのことじゃありません。ここ最近このブログでネタにしている保守主義者、保守論壇誌とその読者がどういう考えを持ち何を言っているのかをメタル者にも知ってほしくて。ちょこっとだけどメタルにも触れてるからいいでしょ?
「はだしのゲン」は反日だからいけない?ウソつけ!!!!!ぱ~と2 の補足みたいな感じの記事です。
コイツらオタク文化に対してもそうだけど、ヘヴィメタル/ハードロックに対してもケッコウ言ってきましたよね。でもコイツら、アニメとかメタルとか関係なく大衆娯楽そのものを否定して喜んでいるんですけどね。「パンとサーカスが国を滅ぼす」とか言って。政治のことを語るにしろ文化のことを語るにしろ連中の本性を知っておく必要があります。
ここで紹介するのは保守系論壇誌『正論』の投書欄からです。この『正論』とか『WiLL』の読者ってこんなこと考えてるんですよ~。
おことわり。この先長いです。


正論 2012年7月号 「読者のプロムナード」から引用。

クール・ジャパンを嗤う (名前等は伏せます)

 そもそも誰が「COOL JAPAN」などというこっばずかしい、赤面を禁じえないようなネオロジスムを考え出したのでしょう?「COOL JAPAN」というのは、漫画やアニメなどの若者向けサブ・カルチャーに、能や歌舞伎、茶道・華道などの伝統文化を抱き合わせ、パッケージとして海外へ向けて売り込もうという、ひとつの戦略的国家事業なわけですが、文化、とりわけ大衆文化というものはそう簡単に他の文化圏へ移植できるものではありません。高速鉄道網だの原子力発電所だのといったモノやサービスならいざ知らず、極めて土着的な、あるいは土俗的な「文化」というものを国が税を使って後押ししてまで他国へ輸出する必要など、果たしてあるのか?
 知り合いのフランス人に、宮崎駿監督のアニメ映画を知っているかと尋ねたところ、「あぁ、以前、映画館の前を通った時にチラシを見たけど、あれってガキの観るくだらない映画だろ?」などと言われてしまいました。日本アニメ界の良心とも言えるジブリ作品ですら、海外ではこの程度の扱いです。
 メディアは、例えばサッカーの元フランス代表ジダンが「キャプテン翼」のアニメを観てサッカーを始めたなどという都合のいいエピソードを探し出してきて、「日本のアニメが世界を席巻!」などとやるわけですが、日本のアニメや漫画などのポップ・カルチャーに興味のある欧米の若者たちは、geekやnerd、あるいはhentaiなどとよばれて、世間から白眼視されているのが実態です。国が音頭をとって「COOL JAPAN!」などと意気軒高、勇躍海外へ乗り込んで行ったはいいが、C’est japonais alors beurk!(日本人だって?ああヤダヤダ!)などと一蹴されて意気消沈・・・・・・というみじめな結果に終わることは目に見えているわけで、こういう極めて自慰的な茶番狂言は直ちに幕引きするにしくはない。
 そもそもオタク文化と呼ばれている漫画やアニメの経済規模は、パチンコ産業の足元にも及ばないわけで、日本文化の「顔」ともいうべきコンテンツはパチンコなのです。日本発のポップ・カルチャーが真に普遍性を持っていて、グローバルに受け入れられるとしても、それにはかなりの時間が必要でしょうし、日本が国家としてもっと国際的な影響力を身につけなければ無理でしょう。お隣の国のように、官民挙げて自国の文化をごり押ししてまでユーロやドルを稼ぐ必要は全くないと思います。


どうですか?これが『正論』読者の考えていることですよ。メタラーにもアニオタがいるでしょう。腹が立ちませんか?

ここに面白いことが書いてあるでしょ。「文化、とりわけ大衆文化というものはそう簡単に他の文化圏へ移植できるものではありません」って。今回の「LOUD PARK 13」の出演者で、アメリカ、イギリス以外の国の出身者ってどれだけいますかね?
それに「文化、とりわけ大衆文化というものはそう簡単に他の文化圏へ移植できるものではありません」と言うなら、ブリティッシュ・ブルースはどうなんですかね?知らない人のために説明すると、1960年代の後半にイギリスでブルース・ブームが起こってロック史に名を残すバンドが数多く誕生した。その代表格がエリック・クラプトン。
ブリティッシュ・ブルースというジャンルを3行でまとめるとこういうことです。

イギリス人が
アメリカの黒人音楽をマネして
失敗しますた

ハッキリ言えばこれだけのこと。マネしてみても何かが違う。けどそれが音楽の一ジャンルとして定着し、この中からレッド・ツェッペリンやブラック・サバスなどが登場し、メタルの土台になった。

まあでも、コイツらメタルをもクズ呼ばわりするよな。今まで自分の周りにいたのは「そんな誰も知らないモノ聴いたって付き合いの役に立たない」とか「カラオケにない音楽なんか聴いても付き合いの役に立たない」とか。こういうセリフを吐く連中が月9ドラマでクイーンの曲が使われたらワラワラと群がり、メタリカが世界中で有名と知れば舌なめずりして群がる。保守主義者はどこからでも入り込んでくる虫ケラだね!

保守主義者とオタク批判論者が何を言い続けてきたのか、このブログで書いてきました。カテゴリー「経済・政治・国際」「書籍・雑誌」「新聞記事」「ニュース」「趣味」にそれらの記事があります。ダブルスタンダードに悶絶すること受けあい!

2014年9月7日(日)追記。
カテゴリー「趣味」内のオタク批判論者批判記事は、新カテゴリー「オタク批判批判」に編入しました。


以下は『正論』とオタク批判論者に向けたものなので、無関係の人はスルーしてください。








どうですかー?人の好きなものを否定して喜んでいる醜悪スカトロ食糞マニアの保守主義者の皆さーん。何か文句ありますかー?
同じことを何度もヤリ玉に挙げるのは卑怯ですか?アンタらだって蓮舫議員の「2位ではダメなんでしょうか」を何度もヤリ玉に挙げてるよね。そもそも人の好きなものを否定して喜んできたのはアンタらでしょう。それならこっちには戦う権利があるわけだ。
それにアンタらは抑止力という言葉が大好きだったね。だからオタク批判には抑止力を行使する。平和は隙を作ることで崩壊する?アンタらのオタク批判は隙だらけだね。親父の精液でも飲んでろ。ノミニュケ~ショ~ン♪それともJCのゲリベンでも飲んでるのか?あぁ?

すべてのオタク批判論者へ。
倍返しで済むと思うなよ。

百倍返しでも済まねえからな。

« 「はだしのゲン」の校内暴力シーンを問題にする奴wwwwwwwwww | トップページ | 「バーチャンおしん」をも口汚く罵る潮匡人元3等空佐 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

オタク批判批判」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ