« ネトウヨはテロリスト | トップページ | 衆愚?ぱ~と2 »

2013年7月20日 (土)

アポロ月面着陸の日に想う~日教組は愛国者

ほとんどの人はこのタイトルを見て何考えてんだと思ったでしょうが、アポロ月面着陸のこの日(日本時間では21日)だからこそこの記事を書く意味があると考えます。
アポロ月面着陸と言えば、このブログで何度も取り上げている山本夏彦翁の「何用あって月世界へ」です。保守主義者が「硬派な保守知識人」と崇める山本夏彦翁です。
その中にはこう書いてます。


何度も言うが、私は自動車を認めていない。ラジオもテレビも認めていない。あんなものなくてもいいものである。あっても人類の福祉とは何の関係もないものである。
                           *
 アポロは月に着陸したという。勝手に着陸し、次いで他の星へも行くがいい。神々のすることを人間がすれば、必ずばちがあたると言っても、分かりたくないものは分かるまいが、わずかに望みをつないで、かさねて言う。

何用あって月世界へ?
月は眺めるものである。


これとタイトルとどう関係があるのか?日教組は反日反日と言われているけど、本当に日本が嫌いで嫌いでたまらないなら、これを子供たちに繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し暗唱させるはずです。そうすればその子供たちは10年後20年後どうなるでしょうかね。その子が親になったらどうなるでしょうかね。日本の宇宙飛行士や宇宙開発技術に敬意を払うでしょうかね。そうならいいですけどね。正義とやらを振りかざす愛国者が何を言ってこようとも、「こういう人を『硬派な保守知識人』ともてはやしてきたのはあなたたちではなかったのか?」で相手は反論できない。「桃太郎を鬼の立場から見る」なんかよりもこっちのほうがずっと効果があると思うんですけど。

ただ、日教組がこの「何用あって月世界へ」を子供たちに読ませたという話は聞いたことがないです。実例があるなら教えて。さすがの日教組も「思想に関係なく、これを子供たちに読ませることは教師としてできない」と思ったのか。要するに日教組でさえやらない、できないことを言うのが保守主義者ってことですよ。
だから僕は、以前は自民党支持でしたが、事業仕分け以降は民主党支持で民主党に投票しています。7日に蓮舫議員が札幌で街頭演説をした時も真っ先に握手を求めに行き「事業仕分けは道徳的行為です」と言いました。彼女の事務所にも同じ内容の手紙を送り、彼女のHPにも同じ内容のメールを送り、民主党本部のHPにも同じ内容のメールを送りました。それを反日呼ばわりする人がいるならその人に質問します。
日教組でさえ「これを子供たちに教えることはできない」と思うことを平気で口にする輩を「硬派な保守知識人」と言ってもてはやしてきたのは保守主義者ではなかったのか?
そういうワケで、山本夏彦翁を「硬派な保守知識人」ともてはやす奴がこの世に1人でもいる限り、僕はずう~~~~~~~~~~っと民主党支持で民主党に投票します。もちろん日教組が支持母体と知ってのことです。ネトウヨ大歓迎!

そうそう。もし僕をブサヨ呼ばわりする人がいるなら、この「何用あって月世界へ」を自分の子供に繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し暗唱させるんですね。真の保守に育ちますよ。
Photo_14Photo_20




















Photo_9Photo_13
















上段右、アポロ11号ニール・アームストロング船長。
下段右、サターンⅤ型ロケットを設計したヴェルナー・フォン・ブラウン博士。

« ネトウヨはテロリスト | トップページ | 衆愚?ぱ~と2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

蓮舫議員は女神」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ