« 「鉄の女」逝く。メイデンファンなら・・・ | トップページ | レイちゃんの中の人って実は・・・ »

2013年4月14日 (日)

追悼クライヴ・バー

3月12日、元アイアン・メイデンのドラマー、クライヴ・バーが亡くなりました。

そこで、彼を追悼する意味も込めて、手持ちの資料(?)からいくつか紹介しようと思います。

Photo_9ヘヴィ・メタル写真集⑧アイアン・メイデン
(シンコー・ミュージック)












2_51_33_3
左から順に
前列左
上段左
左から2番目
が彼。








Photo_7白帯が彼。









Photo_82_4ヘヴィ・メタル⑤アイアン・メイデン
(シンコー・ミュージック)









いや、これは「新興楽譜出版社」と書いた方がいいかな?
巻末にも「発行所●株式会社新興楽譜出版社 略称シンコー・ミュージック」とあるし。


「ヘヴィ・メタル」という言葉は60年代末頃には存在していたらしく、70年代のレコードの帯タタキにも「ヘビィ・メタル・ロック」なんて書いてあったりしますが、この「ヘヴィ・メタル」という言葉が音楽の一ジャンルを意味する言葉として定着したのはNWOBHM以降でその筆頭がアイアン・メイデンです。それは「ロック」というスラングがエルヴィス・プレスリーの登場以降音楽の一ジャンルを意味する言葉として定着したことと同じで、ヘヴィ・メタル史の中でのメイデンはロック史の中でのエルヴィスと同様の存在であると言えます。そのアイアン・メイデンというバンドが世界的大成功を収める土台を作った初期の3枚で多大な貢献をしたのが、このクライヴ・バーというドラマーです。

ありがとう、クライヴ。R.I.P.

« 「鉄の女」逝く。メイデンファンなら・・・ | トップページ | レイちゃんの中の人って実は・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

リンク集


  • 「魔女っ子メグちゃん」への愛に溢れるページ「Little Witch Kingdom」はこちらからどうぞ。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ